広島安全施設業協同組合
Googleサイト内検索
広島安全施設業協同組合
事務局


〒730-0042
広島市中区国泰寺町2-2-11
TEL:082-248-9102
FAX:082-248-9834
jimukyoku@anzenhiroshima.jp

新着情報|広島安全施設業協同組合

新着情報

2017/09/09

秋の全国交通安全運動 ふれあいキャンペーンに参加しました。

9月9日(土)午前10時から広島市及び広島市内管轄の各警察署並びに市内各地区の交通安全協会の共催により「平成29年秋の全国交通安全運動ふれあいキャンペーン」が、広島駅南口地下イベント広場において開催されました。
2017/05/31

第25回 通常総会を開催しました。

平成29年5月31日、広島市中区基町の「メルパルク広島」において、当広島安全施設業協同組合の「平成29年度第25回通常総会」が開催されました。
2017/04/26

労働災害防止安全大会・CPDS認定講習会を同時開催しました。

当組合の安全委員会主催による「平成29年度労働災害防止安全大会」及び技術委員会主催による「CPDS認定講習会」を、去る4月26日、広島市中区基町のメルパルク広島において開催しました。昨年同様、各社とも仕事が一段落したと思われる4月に開催しましたが、なぜか今年は例年より各社とも4月の工事が忙しく、参加者は昨年より若干少なく、安全大会の出席者は79名になりました。
2017/03/11

安全パトロールを実施しました

 当組合の安全委員会では、平成28年度全国安全週間のスローガン『健康職場 つくる まもるは みんなが主役』を確実に実践し、年間無事故・無災害達成のため、現場指導並びに安全パトロールを実施しました。
2017/01/27

安全祈願祭及び新年互礼会を実施しました。

新年の「安全祈願祭」が広島護国神社において組合員30名が参加して実施されました。新年互礼会は組合員25社の45名が参加してメルパルク広島において開催されました。
2016/09/28

子供を守ろうプロジェクト事業 廿日市市から善行表彰を受ける

 当組合が初めての事業として実施した廿日市小学校の周辺における「子供を守ろうプロジェクト」事業が廿日市市から認められ、善行表彰を受けた。
 平成28年9月28日に廿日市市役所で表彰式が行われ、眞野勝弘廿日市市長が宮川理事長に表彰状を手渡し、活動の功績をたたえた。
2016/04/26

労働災害防止安全大会・CPDS認定講習会を同時開催しました。

当組合の安全委員会主催による「平成28年度労働災害防止安全大会」及び技術委員会主催による「CPDS認定講習会」を、去る4月26日、広島市中区基町のメルパルク広島において開催しました。昨年同様、各社とも仕事が一段落した4月に開催したため、96名の出席者があり、盛会となりました。
2016/01/01

広島県における交通安全施設の整備

急速な少子・高齢化社会へ進展していく中で,高齢者,障害者をはじめとする誰もが安全で安心して活動できる生活空間を形成するため,歩行空間のバリアフリー化,通学路の安全確保,交通事故の削減など,安全かつ円滑な交通環境の整備を進めて行く。
2016/01/01

広島市における交通安全施設の整備

本市では、平成23年12月に市政推進に当たっての基本コンセプトを策定し、その中で、目指すべき「まち」の姿を、市民が「世界に誇れる『まち』」としており、この「まち」を具現化するための枠組の中で、様々な施策を展開しております。
このうち、交通安全事業については、通学路をはじめとする交通安全施設整備、歩道の新設・拡幅及びバリアフリー化などに重点的に取組んでおります。
2016/01/01

新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。
明るい平成二十八年が始まりました。厳しい環境のなかではありますが、成長へ向けて新時代への胎動を感じさせる素晴らしい新春を迎え、謹んでお慶びを申し上げます。
2016/01/01

組合員名簿を更新しました。

詳細は組合員名簿のページをご覧ください。
2015/11/19

平成27年広島市優良技能勤労者表彰 土井進さん 表彰を綬ける

例年,広島市長名で行なわれているこの表彰は「広島市内の民間会社に勤務し,長年一つの仕事に打ち込み,その技能に秀でた優良な社員」を選考基準として行われています。
当組合では,毎回1名の推薦枠を頂いて,平成10年度から延べ18名の方々が表彰を綬けているところですが,今年度は宮川興業(株)の土井進さんが推薦され,去る平成27年11月19日,広島市役所本庁舎2階の講堂において表彰式が行われ,広島市長より表彰状が贈られました。
2015/10/26

交通安全施設自主的実体調査の実施

当組合の技術委員会では、社会の願いである「道路交通の安全」を推進する社会貢献事業の一環として、交通安全施設の劣化や老朽化及び、交通危険個所の現状把握等を行う取組み提案し、活動を平成6年度からスタートし、ガードレール等の防護柵や区画線類、案内標識類、昼夜の交通危険個所の調査等を続け、活動は今年度で21年目を迎えています。

 
Copyright (C) 2007〜 広島安全施設業協同組合 All rights reserved.
このホームページは、全国中小企業団体中央会より「平成19年度組合等Web構築支援事業」の助成を受けて作成しています。