広島安全施設業協同組合
Googleサイト内検索
広島安全施設業協同組合
事務局


〒730-0042
広島市中区国泰寺町2-2-11
TEL:082-248-9102
FAX:082-248-9834
jimukyoku@anzenhiroshima.jp

令和元年5月30日、広島市中区基町の「メルパルク広島」において、広島安全施設業協同組合の「平成31年度第27回通常総会」が開催されました。 | 広島安全施設業協同組合

第27回 通常総会を開催 ―組合から受注に繋げる活動を―

2019年5月30日

 令和元年5月30日、広島市中区基町の「メルパルク広島」において、広島安全施設業協同組合の「平成31年度第27回通常総会」が開催されました。
 総会には、組合員30社中26社(欠席4社は議長への委任)の37名が出席し、磯兼忠専務理事の司会進行のもと、宮川裕正理事長が挨拶に立ち、『組合も設立から27年がアッという間に駆け抜け、平成から令和になったが平成は、我々業界にとって厳しい時代であった。バブル崩壊や大災害のあった中で交通安全施設事業だけでは、経営が難しく、+αの活動をしてパイを広げることが必要だった。そのため、路線実態調査を実施・提案することで行政からの受注が得られたように子どもを守ろうPJでも積極的に仕組みづくり(ソフト・ハード)を構築することが必要だ。』と述べ、組合員の奮起(意見・提案)を求めました。
 続いて宮川理事長を議長に選出し、次の議案審議に入りました。
議案
 第1号議案 平成30年度事業及び活動報告の承認について
 第2号議案 平成30年度収支決算及び会計監査報告の承認について
 第3号議案 令和元年度事業計画案の承認について
 第4号議案 令和元年度予算案の承認について
 以上、提案された第1号議案から第4号議案まで、全て原案通り承認可決されました。
総会終了後、懇親会が開催され、中央会の畠山朋之主事から祝辞があり、『改元に当たり、米中摩擦のエスカレートによる景気の不透明感の中、最低賃金の全国統一化では、地方企業に大きな影響が出てくるとの懸念を持ち悩んでいる状況。また、10月には、消費税の増税・複数税率の導入等もあり、不安材料の多い中、皆様へのご支援に一層磨きをかけてまいる所存』との力強いエールを送って頂きました。
続いて、児玉一義副理事長が乾杯の音頭を取って祝宴に入り、和やかな雰囲気の中、組合員相互の親睦が図られました。

 
Copyright (C) 2007〜 広島安全施設業協同組合 All rights reserved.
このホームページは、全国中小企業団体中央会より「平成19年度組合等Web構築支援事業」の助成を受けて作成しています。