広島安全施設業協同組合
Googleサイト内検索
広島安全施設業協同組合
事務局


〒730-0042
広島市中区国泰寺町2-2-11
TEL:082-248-9102
FAX:082-248-9834
jimukyoku@anzenhiroshima.jp

令和4年5月31日、広島市中区基町の「メルパルク広島」において、広島安全施設業協同組合の「令和4年度第30回通常総会」が開催されました。 | 広島安全施設業協同組合

第30回 通常総会を開催 

2022年5月31日

広島安全施設業協同組合(宮川裕正理事長)は5月31日、令和4年度「第30回通常総会」を広島市中区の「メルパルク広島」で開催しました。
 総会に上程された各議案について、いずれも事務局原案通り承認された。総会には委任状を含む全組合員出席のもと開催され、はじめに宮川理事長が挨拶に立ち、「新型コロナウイルス感染症の影響により3年ぶりに総会がリアル開催となり良かったと思う。大きな社会変化の中で我々は知恵を絞って一致協力して取り組んでいかなければならない時期にあり、新しく技術を提案したところがスタンダードとなる時代であり、ライバルは同業者ではない。ここの努力は当たり前で、それに組織が連携していきながら生き残ることが重要。そこでコミニュケーションができる。こう言う機会を活用して利益に繋げていくことを考えて行動すれば組合も活性化する」と述べ、これからの質疑や総会後の懇親会での有効な交流を促した。
 続いて議案審議に入り、上程された「第1号議案」から「第5号議案」まで全て提案通り承認された。このうち事業計画は「専門技術集団として交通安全施設等整備事業を通して事故防止を図り、安全で安心して暮らせる地域づくりに貢献する活動」の方針を掲げ、具体的な事業活動として、要望・要請や路線実態調査、広報、新技術普及などの推進を挙げた。また、「第5号議案」の役員改選については、宮川理事長、丸岡副理事長や理事、監事など全員の新任(留任)を決めた。
 新役員は次の通り(敬称略)
理事長:宮川裕正、副理事長:丸岡優介、専務理事:磯兼忠、理事:井上幸久、
六箱義則、廣津元基、加藤剛士、久保大樹、監事=杉原一光、大田正尚、
以上理事8名、監事2名
 総会終了後の懇親会では、来賓の広島県中小企業団体中央会の畠山朋之氏から総会開催への祝辞を頂き、丸岡副理事長の乾杯の音頭で会が始まり、各会員が久方ぶりの親睦を深めた。


 
Copyright (C) 2007〜 広島安全施設業協同組合 All rights reserved.
このホームページは、全国中小企業団体中央会より「平成19年度組合等Web構築支援事業」の助成を受けて作成しています。